スポンサーリンク

世界一やさしいブログの教科書1年生を読んで感じた6つの事

ブログを開設して色々ネットで情報を入手できるものの、ネットサーフィンだけでは中々頭に入らないのが実情です。
そこで家の近くの書店に行き、こちらを購入してみました!



いつもは雑誌ブースで立ち読みくらいしかしない7091ですが、PC関連ブースに足を運び、これだけでも違う世界観に足を踏み入れていることを実感しました。

この‘世界一やさしいブログの教科書1年生’は構成が分かりやすく、大きく6の構成です。
ホームルーム、1時限目~5時限目までありました。
7091が特に興味深く読んだ箇所は「2時限目」。
こちらでは16名のブロガーの紹介です。
どの方もプロブロガーですからそれはサイトを見るなりとても素晴らしかったです。
この2時限目では16人のブロガーに共通して質問をしております。

1、自分のブログ紹介
2、ブログ運営で気をつけていること
3、ブログをはじめて実社会での変化
4、ブログから収入を得る方法
5、これからブログをはじめたい人に向けてのメッセージ←7091にとってとても大切!

まだ熟読できておりませんので、これからじっくり読んでみたいと思います!




読んでみての7091なりの感想

1、共通して言えることは、みなさん自分のブログが大好きだということ。
当たり前かもしれませんが、自分のブログに愛着がなければ続かないということを実感しました。

2、ブログは一日にしてならず
積み重ねということですね。ある方は「ブログは筋トレと一緒」と申しておりました。
一日一日の積み重ねが何よりも大切ということを実感しました。

3、無理はしない
熱しやすく冷めやすい7091です。すぐにブログ更新もあきらめてしまう可能性が大ですが、無理をしては続きませんね。自分のペースをつかむことが大切だと実感しました。

4、とにかく楽しむ
やはり何でもそうですが、楽しくないと続きませんね。楽しい!って気持ちを継続していけるように心掛けていきたいと思います。

5、更新をルーティンにする
ブログは更新していかなければいけないもの。その作業を自分の生活の中に組み込むことが大切だと感じました。
毎日寝る前に更新するとか習慣にする!←これが一番難しい!

6、収益は最初から考えない
これはまだ何も構想にはないですが、多少考えてます。
しかし、まずはブログを育てる事を第一に考えていかないとダメだなと感じました。


著者の染谷昌利さんの公式ブログはこちら

染谷昌利さんのプロフィール(アマゾンより)
式会社MASH 代表取締役
1975年生まれ。埼玉県出身。12年間の会社員生活を経て、インターネット集客、GoogleAdSense、アフィリエイトの専門家として2009年に個人事業主として独立。7年間フリーランスとして活動し、2015年3月に株式会社MASHを設立。
現在はブログメディアの運営とともに、地方自治体や企業のウェブサイトのコンテンツ作成パートナー、パーソナルブランディングやネットショップなどのコンサルティング業務も行う。

今後も染谷昌利さんをチェックさせてもらおうと思います。

7091

0 件のコメント :

コメントを投稿