忙しすぎてもダメだし暇すぎてもダメ

最近思うのです。いや最近ではないですね。ずっと前から思うのです。


人は忙し過ぎる日々を送ると、ゆとりが無くなりドンドン心も荒んでいきます。
自分にゆとりがなくなると、相手にもゆとりを持った対応が出来なくなります。
優しく出来なくなります。
発する言葉、態度等に露骨に出ます。

では暇ではどうでしょう。
人は存在価値を求めます。そして時に承認欲求を求めることもあるでしょう。
人から評価され、誰かの役に立ちたいと思います。

自由な時間と暇な時間どちらも同じ時間かもしれませんが、例えば、サラリーマンであるなら就業時間が決まっており、定められた時間の中で暇な時間があるとどうでしょう。
モチベーションを維持する事が困難になる人が多くなるのではないでしょうか。

そう考えると人はとてもわがままな生き物だと思ってしまいます。
でもそれが人間。

「バランス」を保って生きていく事はとても大切ですが、それが一番大変かもしれません。
そのバランスの取り方も人によって様々。

そうやって答えのない問いを自分に問いかけて考えてみたりするのです。

でもバランスと意識過ぎてしまうと自分が思ったパフォーマンスがを自分で制限してしまう可能性があるかもしれません。

ん~実に難しいですね。

0 件のコメント :

コメントを投稿