朝の通勤について非日常経験から考えてみよう



7091は通常、車通勤です。

車通勤のメリットは。。。





1、快適で楽

車通勤時間は7091の自宅から職場まで約15キロほどあります。
その時間はラジオを聞いたり、好きなPodcastを聞いたり快適です。
自己啓発的な物を聞くことが多いですが、最近一押しは。。。
大久保圭太の「財務アタマを鍛えるラジオ~マネトレ」です。
これオモロイです。
実は、、、この中に私の質問内容も掲載されていたりしています(笑)


2、自分時間の確保

車に乗っている時間はひとり時間です。この時間は結構大切だったりします。
ひとり時間の大事さについては別で述べたいとも思いますが、やはり必要です。
心を整えるではないですが、何というか人は誰しも「無」になる時間は大切かもしれませんね。


3、自分で好きな道を選択できる

通勤の方向が同じであれば、その日の気分で通勤経路を変えられます。
これ結構気分転換になります。
でもたまに通常と異なる為に、渋滞に巻き込まれて焦ったり。。。
これは気を付けないといけませんね苦笑。



4、リラックスして通勤できる

自分の愛車で通勤するわけですから、リラックスして通勤できます。
朝の時間は貴重ですから、通勤前の憂鬱な気持ちを少しでも和らぐといいですよね。





一方でデメリットは。。。



1、渋滞で時間が遅延する

これは特に朝ですが、出発時間が10分遅れるだけで大渋滞にはまってしまうことがあります。
朝の時間は数分の誤差でだいぶ渋滞時間が変わってしまうんですよね。
特に7091のように郊外から街中に向かう方たちは共感していただけるのではないかと思います。



2、お腹が痛くなったとき大変

7091はお腹がゆるく、結構通勤時間にお腹が痛くなります。通勤経路でコンビニ等チェックしておかないといけません笑。
後は朝食でヤクルトとか間違って飲んでしまうと大変です。
慌てている時は余計お腹が痛くなる確率が高いです。。
でも考えてみるとこれはバス通勤の方は大変ですね。。
逃げ場がないですからね。。


3、飲み会などの急なお誘いには対応が厳しい

これは7091の職場の同僚の多くが車通勤者が多いのであまり事例はないですが、軽く一杯やって帰る的なサラリーマンのお付き合いが出来ないですね。
そもそも、郊外に住むようになってからは会合事態が激減してますが。。。

シングル時代は街中に住んでいた事もあり、繁華街が距離的にも気持ち的にもとても近かったです。
今思うとどれだけの時間とお金を費やしたのだろうか。。。笑
今となれば遠い昔。そして現実的にも無理ですね。。。





さてさて、



そんな車通勤している7091ですが、この間は久しぶりに会合があり、その時は最寄りのバス亭からバスに乗り、地下鉄に乗り換え通勤します。



ぶっちゃけ普段車通勤していると、交通機関の通勤は億劫です。。。



でもラッキーなことに先日は、近所友達のダッツンさんに乗せてもらい、街で下してもらいました。


って自分で事前にお願いしていたというイヤラシサ。。。笑




感謝!

でした!



そこから職場まで時間があったので久しぶりに歩いてみました。
時間は15分くらいだったでしょうか。



寒い日でしたが、とても清々しく気分よく歩くことが出来ました。
歩くっていいですね!



途中では同じ部署の同僚とも遭遇して歩きながら他愛のない話も出来てなおさら楽しく歩けました。



慢性的な運動不足の7091にとって、普段の生活の中で歩くという事が欠けていて、生活の中に運動を取り入れたいと日頃から思ってはいるのですが中々実現できていません。


だから怠け者なんですよね~




そんな事思いながら、朝に清々しい気持ちで久しぶりの非日常通勤時間を堪能しました。

いずれ車通勤も出来なくなる可能性がありますし、歩く時間を通勤時間に取り入れる工夫をしないと駄目かもしれません。


でもそうすると必然的に車通勤はしないという選択になります。


ん~この問題は7091の大きな決断。。。

多分、、、

変わらない気がしますが。。。
でも歩くという事を念頭に置く良いきっかけになりました。

7091

0 件のコメント :

コメントを投稿